経理転職で必要とされる資格をご紹介します。


資格と人事の評価の関係


「USGAP」「USCPA」「BATICスコア」などについて

「USGAP」「USCPA」「BATICスコア」などについて

「経理転職の求人動向」でご紹介した様に、ハードな側面を重視する転職には有効です。経験・スキルを重視する採用において、企業側は常にその確証を欲しがります。なぜなら、“入社する為のアピール”に騙され、採用を失敗することも間々あるからです。そういった時に取得資格は一つの確証として提供できます。

例えば、英文会計などで求人があった際に、USCPAやBATICスコアなどがあれば、一定の知識がある事を十分に伝えられるのです。特にライバルがいる時は多少の優劣よりも、より確実な選択をするケースは多く、非常に有効です。

「簿記」について

簿記は基本的にあまり評価され難い資格です。しかし企業は、経験や能力だけが活躍する人材であると評価しない傾向にあります。経理として働きたいという欲求は、モチベーションを維持し、入社後のレベルアップが大きく期待できるからです。

簿記などの経理に関する資格を取得することで、経理業務に対する欲求をアピールできます。

税理士・MBA

これは企業によって本当に様々なケースがありますが、基本はやはり業務経験が重視されます。ただ、税理士やMBAなどは、その知識から違った目線を持てることを期待され、評価されることがあります。